FC2ブログ

プロフィール

kaitokun

Author:kaitokun
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:未分類
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
美容室の検索なら
プークドットコム『www.po-oq.com』で!!
http://www.po-oq.com/
いますぐアクセス!!!!!!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

大阪府の橋下徹知事は16日、全国学力テストの市町村別結果の開示を求める情報公開請求に対し、科目別平均正答率の公開を決定し、請求者に開示した。ただ、市町村としての自主判断で正答率に関する数値を非公表としたり、公表について態度を決めていない11の自治体については非開示とし、テストの参加主体である市町村側の判断を尊重した。都道府県知事が市町村別の結果を開示するのは全国で初めて。

 橋下知事が開示したのは、08年度に実施された学力テストの科目別正答率と児童・生徒の生活習慣に関するデータ。

 府内43市町村のうち、小、中学校ともに科目別の開示対象となったのは32市町。自治体側が科目別を公表している24市町に加え、設問別正答率しか明らかにしていない8市の数値も開示した。この理由について橋下知事は「設問別からは科目別を容易に算出することができ、非開示理由に当たる数値とはいえない」と説明。一方、自治体側は「一方的な公開は遺憾」(枚方市)、「特に影響はない」(泉大津市)などとしている。

 非開示となったのは、科目別と設問別の両方を非公表とした6市町と、態度未決定の2市町。「域内に1校しかない」との理由で中学校だけを非公表としている3町村については、自治体判断と同様、小学校分しか明らかにしなかった。

 また、生活習慣のデータは「就寝時間が遅い児童」などの割合を示す数値で、全市町村分を開示した。

 文部科学省は局長通知やテストの実施要領などで、都道府県教委に対し、学力テストの市町村別結果を公表しないよう求めている。市町村がテストに参加しなくなることや、「序列化や過度の競争」の要因になりかねないことが理由。一方で、各市町村が自主的に結果を公表することは容認している。


なんかいろんな不祥事ばっかりですな
世の中おかしいね~
こりゃまいった
スポンサーサイト



| BLOG TOP |

copyright © あいのりって? all rights reserved.Powered by FC2ブログ